記事の詳細

タスク ? Wikipedia タスク(task)は、「作業」「学業」「仕事」などの意味。 簡単に言うと、『自分がする作業に対する時間管理』、だと思ってる。 「タスク管理」という情報整理術がもたらす3つの効果 タスク管理って何だろう?タスク管理の目指すところは何だろう? タスク管理を知らなかった私が1年で「タスク管理の人」になった経緯(前編) タスク管理を知らなかった私が1年で「タスク管理の人」になった経緯(後編)   私が使っているタスク管理は 今は、MindManager (有料 パッケージソフト)とRememberTheMilk(無料 クラウド) toggl(無料 クラウド)、googleカレンダーかな。   【タスク管理】RememberTheMilk の使いかた【第一歩】 | 晶山嵐 の日記   私は、メモ魔で、ツールマニア。 機械ができることは機械にしてほしいので 作業ができるツールを常に探している。   『タスク管理』という言葉を知ったのが数年前。   私はずっとフリーでやっていたので、 『時間管理』ってやってなかった。   必要なことは、締め切りまでに小説原稿を上げる。 この一点のみで、それは肌感覚でわかっていたから、 次から次から流れ作業でやってた。 最多で、年間33冊本を出した。   ジャネーの法則で、年を取れば取るほど時間を短く感じるというけれど 私にはいつでも時間は長い。   六時間で50ページの小説を仕上げたときのあの時間の長さ。(笑)   締め切り日に小説を上げて、版下に整形して、宅配に出すのは明日でいいな、と思って ちょっと寝て、夜中の11時に起きて、ふと 「まだ12時間ある。六時間で小説上げて、六時間で表紙上げたらあと一冊出る!」 と取りかかって本当に出た時のあの時間感覚(笑)   『やればできる』ってのは、私は昔から実感していた。   『やるかやらないかを考えるんじゃない。どうやってやるかを考えるんだ』 ってどこかの映画か本で読んだときに頷いた。   スカイハイメットも 私の実力でできるものじゃなかった。 【DAZStudio4】レンダリングでモザイクになる【検証】【解決済!】 | Create3D   でも『作りたかった』から作った。 最初は投げ出しましたよ。 で、三カ月他のことしてて、ある時ふと 「ああすればできるんじゃない?」と思ってその方法でやったら (ほぼ最初から作りなおした)できた。   『脳は考えることが得意』なんだと読んだ。 あなたが考えなくても、脳に疑問を投げかけておくと あなたが寝ていようが起きていようが、ご飯を食べていようが 脳はずっと考えていて、するっと答えを出してくれる。   だから、ずっと考えていたことの解決方法を、トイレに入った瞬間 お風呂に入った瞬間、ナニカをした瞬間閃いた、というのはそれ。   脳は、『わからない』ということが嫌いだから『解答を出そうとする』。   つまりは、つねに疑問をたくさんもって、脳に投げかけておけば 私が寝ている間に脳が解答を考えてくれる。   このスカイハイメットを作ったときは、意図的にそれを使った。   今できるところまで作って 「この先どうやったらできる?」「全部作り直す? どのほうほうで?」 「考えつくまで、これは封印」 として、他の作業に当たった。   そして、私の脳は、作り方を思いついた。 私は、自分の脳を信じている。   そして、ここ数年で覚えた『タスク管理』というのが、 それに輪をかけた。   まずTogglで、自分がしている作業の実時間を知る。   家計簿を着けていない人って、お金の管理がズサンな人が多いですよね。(私もです) それと一緒で、時間管理をしていないと、時間の管理がズサンになります。 だから、十年が一日みたい……というような言葉が出てくるのだと思います。   Togglというのは、決して、『スケジュール管理』をするものでは無いです。 『したこと』の『記録』をするもの。   これをポチして作業を始める。 その作業が終わったときにもう一度ポチすると、 その作業に掛かった時間が出る。   たとえば、3dで髪の毛を作った時 Shadeの6時間で大体のカタチはできた。 それの修正にShadeで15時間かかり、 ヘキサゴンで五時間、二時間、時間を使っている。   結局、実用する髪の毛を作るために前回は、33時間。 まぁ、二日。   で、今回もう一度別の髪の毛を作ってみて、やっぱり 最初の六時間で、大体のカタチはできる。 現時点で、修正に二時間なので、まだ頭の後ろが目茶苦茶だし、 修正はしていないけれど、誤魔化しながら使うことはできるレベル。 (その汚い部分を移さずにレンダ&Photoshopで修正すれば良い)   結局は、Photoshop修正込みなら、八時間で髪の毛が作れることがわかった。 これはTogglで時間メモしていなければ、いくつ作っても 『髪の毛作るのには2,3日掛かる』と思ってて不思議じゃない。   そして、日記を書いている時間、 ゲームをしている時間 全部メモしていたら、 段々ゲームをしなくなった(笑)   家計簿でもそうでしょう。 遊興費が高いな、赤字だな、と思ったら 生活に関係ない部分から切っていく。   時間管理も、時間が足りないと思えば 仕事以外の部分から切っていく。   けれどそれは、時間管理をしていなければ気付かないこと。   そして、この仕事にはこれだけ時間が掛かるとわかっているからこそ それをスケジュールに組み込むことができる。   三時間掛かる作業を一時間でできるとスケジュールを組めば スケジュールが崩れるのは当たり前。   スケジュールを組むには、まず、その作業にどれだけ時間がかかるか知っていなければならない。   子供がスケジュールを守れないことが多いのは 『すること』から考えて勉強時間などを割り振るから。   『できること』から考えないと、できるわけがない。   夏休みだからといって、八時間勉強にあてるとスケジュールを割り振って できないと嘆く。   学校でも、一時間ごとに十分の休憩があるし、その中でだれているとすれば 八時間の集中時間なんて続くわけが無い。   自分が『できないこと』をスケジュールに組み込むからそうなる。   ということを、学生時代の私に聞かせて上げたい(笑) って、私は学生自体にスケジュールを組んだことなんて無いけどね。 というか、この年になってタスク管理するようになるまで 一度もスケジュールを調整したことない。   だから、『タスク管理』を覚えたこの数年 それだけで頭使ったし、そのおかげで時間が密になって とても長く感じる。   野田首相が退陣したのが三年ぐらい前な感じ。   特に、年始に滋賀でこもって、ここ三年分の計画を練ったり プロットを作ったりと、 ネット環境から離れて没頭していたときは 目茶苦茶時間が長かった。   それがここ数日も続いていて 朝、日記アップしたのに それを昨日のことだと考えて、また夜アップしていたりと(笑) (決してアップしたことを忘れていたわけではない。ない) (『作業記録』は一日一個のアップにしている)   五回も長文記事更新すんな、と自分でも思った。   もちろん、その記事はすでに書いていたものであって その時に書いていることは少ないけれど それでも、私の時間を使ったことは確かで 私の記録でもある。     今日は、タスク管理の新しいツールが出てたから それをメモしながらそのツールを使ってみようと思ったのに 日記書いてしまった。   こうして、「このことが自分にとってどれぐらい大事」なのか 文字にしてみると、 『続けるモチベーション』が上がる。   何気なくやってると、何気なくやめてしまう。 毎日体重を計るとかね(笑) 毎日散歩をするとかね。 何気なく、やめてしまう。   なんかやり始めると、ダイエットどうでもよくなるんだよね。 増えてなきゃいーじゃんってことで。 ブラがきつくなると、焦って、他のことどうでもよくなるんだけど。   だから、それが自分にとってどれだけ大事なのかと、 自分に対して熱弁を振るわなければならない。 私の日記は、私に対する最大の説得者である。(えへん)←なぜいばる。     2013_01_16(水) am07:25

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る