記事の詳細

SharePointって言葉を聞いたことの無い私が、 SharePointをテキトーにまとめてみた。   なぜなら、MindManager2012がSharePointと連携していて そのためのツールがあるから。   MindManager2012はもう買っているので、 機能は知り尽くしておきたい。   ------------------------ ASCII.jp:今さら聞けないSharePoint超入門から   ・Microsoftのソフトである。   ・大型ポータルサイト作成。複数人で管理が容易なシステム。 ・データの管理が簡単。   ワークフローを定型化できる。 「ワークフロー」とは、1つのアクションが自動的に次のアクションをキックする、 つまりSharePoint上の複数のアクションを連動させるという機能である。たとえば、
  1. 1年間の保管期限が切れたら
  2. 自動的に投稿者にリマインドメールを送り
  3. 10日経ってもアクションがなかったら
  4. 自動的に削除する
が簡単にできるらしい。   ・ソフトのカスタマイズがかなり容易? ・Windowsサーバーで稼働するソフトである。 ああ、はいはい。一般人には関係の無いソフトね。(笑) (ここで半分興味無くなった。もう私に関係ないこともわかった)   サーバーファーム構成の中でももっとも標準的なのが、通称「2-1-2」と呼ばれる、サーバー5台の構成 DBサーバーは2台をペアにした「クラスタ」という構成にすることで、データの整合性を保ちつつ耐障害性を保つ仕組みになっている。 インデックスサーバーは、検索専用のサーバーだ。検索は、1つ検索クエリが投入されると瞬間的に負荷がはね上がりすぐに元に戻るという負荷特性がある。そのため、他のサーバーと同居させると、そちらの足を引っ張りがちになる。したがってサーバーを分けておくのがよい。 ユーザー数は数百人~数千人までをカバー。   サーバーを自社では持たず、いわゆるSaaSあるいはクラウドとして利用する形態。   SaaS – Wikipedia SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア   ------------------------ まとめ。   SharePointとは 『頻繁に連絡を取り合う関係者』が数百人を超えた場合に威力を発揮するソフト。 普通は、社員数百人を超える企業が導入するソフト。   金額は調べなかった。       2013_01_18(金) am07:39

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る