記事の詳細

MindManagerを使いだしてから、HDDの保存ファイル方法を変えた。

 

年次が変わっても、HD内のデレクトリ構造を動かさないようにする方法。 | MindManager 2012 Pro 私的使い方メモ

デスクトップを使おう! | MindManager 2012 Pro 私的使い方メモ

 

 

Daz Studio4.5の検証をマインドマネージャーの『ルーチン』ファイルに作っていた

下記の『検証』トピックを例にする。

130319_D2234

 

デスクトップで作業するので、日付フォルダにファイルを入れる。

130319_D2235

ファイル名が1バイト文字なのは、この中のファイルをHexagonから呼び出すから。

Hexagonは日本語対応ソフトなんだけれど、元は英語ソフトなので、

ルート上のフォルダが二バイト文字だとファイルを認識してくれない。

なのに、新規ノードを日本語で作ってくれて、そのまま保存するとエラーを吐くという

とんでもないソフトだ(笑)

 

 

 

ここで、デスクトップを黒地に白テキストの『ハイコントラスト黒』に変えたので

フォルダなどの色が変わっています。

デスクトップの色を変えた。 | Create3D

 

 

130319_D2242

 

マイドキメント直下に年次フォルダを作って

130319_D2243

その中に月別フォルダを作成。

 

作業はデスクトップで行い、

その日の終わりにこの月別フォルダに移動。

130319_D2244

プロジェクトが続いているときは、そのショートカットをデスクトップに置く。

 

 

プロジェクトが完了したとき。

 

マインドマネージャーでは『完了』トピックに今のトピックを移動させ、

(他のファイルに移動も同じ)

130319_D2245

その時に作ったフォルダ(年次フォルダに移動済)とか、

その時の作業記録をブログにアップしたそのアドレスを

ハイパーリンクで繋ぐ。

 

マインドマネージャーのこのトピックは

どこに移動させても、ファイルの保存先とは関係ないので、自由。

とにかくファイルの保存先は年次フォルダに保管すれば、バックアップはそれ以降だけすればいいし

日付の記憶を便りにファイルを探すときも、一覧されているので判りやすい。

 

 

 

マインドマネージャーはデスクトップの整理まで簡単にしてくれた♪

 

 

Enjoy!

 

2013_03_19(火) am06:36

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る